■プロフィール

きろきkiroki

Author:きろきkiroki
古いベアの趣き・ドラゴンの造形美に惹かれ、好きが高じてぬいぐるみ制作に奮闘中。
などと言いつつステキ雑貨やインテリアなど、よろよろ目移りな毎日。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■アクセスカウンタ

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
テディベアアカデミーをベアと共にざっくり振り返る、後編いきまーす!
計らずも前・後編にしてしまったこのお題目。
早めに書ききらなければ忘れられてしまいそう。 
焦りつつ後編をお届けいたします。


前回はそう、初の型紙の起こし方を習ったはいいが疑問符だらけ。
そのくせ鼻刺繍がつらいとか図々しくも文句をたれるようになってきた中級クラスの話題でしたね。

はい、この頃はベア作りって思ってたより力がいるなあ、ずっと縫ってるし腕、筋肉痛?みたいな感じ。

初級から上級までは隔週ごとにお教室があり、毎回、次回の教材を途中まで縫って来る宿題がでます。
次の回にそれを持ち寄り、難しいポイント部分を皆で習得。
やり残しや仕上げは各自また家で。
できあがりを持参しチェック・指導してもらう。の無限ループ。

今考えるとそんなに大変なことをしているわけではないのですが、当時の自分にはすべてがオオゴト。
鼻先に綿、ちゃんとギュって詰めたはずなのにペコってゆるくなってるう~。
ジョイントがっ、ああっ、へんに曲がって…あんまりやり直すと折れちゃう~。

そうこうしているうちにまた展示発表の時期に。
今度はせっかくですからオリジナルを提出したいなあ。
よーし、ちんぷんかんぷんだった型紙起こし、ここでなんとか覚えちゃおう。

自分なりのメモと首っ引きで復習しながらどんなのを作るか考えた結果、なぜかメタボベアにすることに。

あーそういえばオリジナル、最初っから『かわいい』が完全に抜け落ちておりましたよ、うん。
こんなふうにしたらどうなる?こんな素材組み合わせられる?すべていわゆる実験。


はい、実験結果その1であります。
ぷりあかめた 
おなかタップリずっしり、手足は太く短く。当時はハロウィン衣装を着せました。
思ったよりデフォルメ甘かった、もっと大げさなくらいでもいいんだなと感じた記憶があります。


次の上級では更に大きいベア、ジョイント全く無しのベア等などどんどん続き、もうなにが苦手とか言ってる場合じゃありません。
縫うのじゃ、ひたすら縫うのじゃ、そして綿を詰め続けるのじゃ~でありました。

その一方、メタボベアで味を占めたワタクシ、型紙実験を続けるべくいよいよドラゴンに着手します。
ちびちびサイズを試しに作ったら、おやおや?描いた絵の通りに出来上がるじゃありませんか。
ふふふふ、いける…!

そして上級クラスの展示発表に向け決めたテーマは趣味全開が苦笑必至の『戦士とドラゴン』。
ちびドラゴンが乗っかるがっちりクマを作りたかったのですが、考えたフォルムを表現できるか先生に相談。
後の講師科で習う方法が有効だろうと先取りで教えてもらい、おかげで思った感じに作ることができました。


ぷりあかせん 
目の加工もしてるし、ここでその後の方向性が決まりましたね、明らかに。
あ、ちびドラ、パペットっぽく見えるような。腕に乗ってるんですが…。


最後の講師科はですね、その名のとおり講師になるにあたっての実技ですのでカリキュラム作りですとか、同僚を生徒さん役に見立てて指導してみるとか、いかにして先生になるかに主眼が置かれます。
しかしもちろんベア作りも並行。

中でも講師科らしい難関が『レプリカ制作』。
シュタイフベアの実物を見てそれとそっくりに作れ、というムチャ振り。

「無理…きっと無理。わああ、自分だけ出来上がらないとか、ありすぎるう!」と泣きそうになる課題でしたが、ノギスで測りまくり先生におまけヒントをもらいまくりでなんとか通過。いや、クリアもたぶんおまけでしたねきっと。



ぷりあかれぷ 
レプリカの方が少々ふっくら大きめですねえ。でもこれが精一杯でしたよ。
見本のシュタイフ、同型でもお顔が少しづつ違うので皆の出来上がりもけっこう違いが。


こうして同僚みなで一丸となってたくさんの試練を乗り越え、卒業制作、卒業式と相成りました。
その後はそれぞれの道に別れてゆくのですが、卒業生が更なる勉強ができるお教室もありまして。

ワタクシも皆さんと離れがたく、まだまだいろんなお話が聞きたくてお世話になっている次第であります。
同じ趣味でつながっているとどうしてこうも話が尽きないんでしょうねえ。えへへ、ありがたや~。



あれえ?ベアアカデミーを振り返るというより、ベアアカデミーってこんなことするんだよってな紹介文になってしまったかも。
そこここに挟み込んでいる感想は、あくまで個人的なものですので鵜呑みにしないで下さいね。

こんな文章でもどなたかの参考になれば良いのですが。
いつにも増しての長文、最後までお付き合いありがとうございました。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ テディベアへにほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
 

もしもお気に召しましたならば
クリック頂けると励みになります!




作品 | 18:15:54 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。