■プロフィール

きろきkiroki

Author:きろきkiroki
古いベアの趣き・ドラゴンの造形美に惹かれ、好きが高じてぬいぐるみ制作に奮闘中。
などと言いつつステキ雑貨やインテリアなど、よろよろ目移りな毎日。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■アクセスカウンタ

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ブラックパラティッシという器
さて前回ワタクシ、次回のブログではきっと!と意気込んでおりましたことが。
それは恵比寿行き作品の途中経過のお知らせ。

…すみません。だめでした。
いまだバラバラ状態。

がしかし!ここ2日ほど主人が留守。
この機に一気に組み立てるもくろみにございます。



といったわけで今回は隙間工作として、先日の食器の話をひっぱらせていただきたく。

カテゴリー的にちょっと異質な話題。
けれどワタクシにとって食器って雑貨の一種なのではという認識があるのです。
大目に見ていただけると助かります。


前置きが長くなりましたが、注文の品、ブラックパラティッシさまご一行が我が家に到着しました。

さら1小 
盛り付け用:26センチプレート×1・パン皿:21センチプレート×2
取り皿用:17センチボウル×2
赤いのはカレー・シチュー用ティーマテラコッタ21センチボウル×2



とりあえず用途優先で使う頻度が高そうなアイテムを少しだけ取り寄せてみました。

で、手にした感想。

ふむふむ、厚手でしっかりしてるね。
その分大きく見えるし重たいね。
洗っているとき手が滑ろうもんなら他の食器道づれだね。メガンテだね。


それにしてもこの絵柄、こんな間近でしげしげ見てみたことなかったかも。
なんというか…まあ…ちょっと妙?
さら2小 
色が着いていると「これ、花です。ブドウです。果実です。」ってそれぞれが主張するけれど、ぬりえのビフォー並みの線画のみになると混沌感が増し増し。
種類の違う植物が一体化しちゃってるんでなんだか地球外生命体的。

描線も、細密画ラブな目線で見るとおおざっp…げふげふ、失礼。おおらかで大胆ですねえ。

しかしながらそこがこの器の利点らしい。

白と黒のみだから他の器とも合わせやすく、強めの絵柄がどんな料理もグイっと引っ張ってくれるそう。

購入するに当たってうちは和食が多いのでいろいろ想像してみたけれど、例えば焼きしゃけを並べてもお豆腐を盛ってもけっこういけそう。

懐が深いのに、にょろろ~んと触手が伸びてきそうな絵柄。
不思議な感じが思ってた以上に好みかも。


それからティーマシリーズのボウル。
カレーの色移りの心配がないこととシチューがおいしそうに見えそうなことからテラッコッタという色を選択。

定番シリーズは万一壊れても買い足せるからいいよね!と一種類だけ買ったのに、なんですと、廃盤色ですと?!

今のうちにいくつか揃えていたほうがいいのだろうかとか考えたら…いかんきっと敵の思うツボ。


しかし、これって…ベアのときと同じにおいがしますよ?
またも底なし沼に片足つっこんでいないかい?

ここで目を覚まし沼から生還できるのか。今後の動向に目が離せません。(自分的に)


すみません。この大事な時期にいろんなことに気をとられすぎですね。お恥ずかしい限りです。

お恥ずかしいといえば前の記事でパラティッシをパラディッシと誤植をかましておりました。しかも太字で。
旦那に「ブラック…パラディン?」と言われて以来「ぱらでぃんさん」と呼んでいたのでつい。

かわいいぱらでぃんさんを糧に、さあ制作がんばりまっす。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ テディベアへにほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ

お気に召しましたならば
クリックお願いします☆



北欧雑貨・気になる雑貨 | 18:41:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。