■プロフィール

きろきkiroki

Author:きろきkiroki
古いベアの趣き・ドラゴンの造形美に惹かれ、好きが高じてぬいぐるみ制作に奮闘中。
などと言いつつステキ雑貨やインテリアなど、よろよろ目移りな毎日。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■アクセスカウンタ

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
うさぎ うさぎ

このブログ、基本ぬいぐるみ関係とおぼしきものならなんでも可…なスタンスで立ち上げたのですが、ブログ説明にもあるように『制作』そして『作品紹介』が中心になるのかなあ~などと思っておりました。(ひとごと的ニュアンスで)

実際ふたを開けたらば自作のものなどほんのちょっと。
ましてや制作中のお話など見当たりゃしません。

これでは詐称疑惑。いかんいかん
ですがうそはかけません。制作がすっかり行き詰っておりますのです。とほほ。
他のハンドメイド系の方々は毎日のように作品を仕上げていらっしゃるというのになんという怠惰

仕方ありません。今回は以前の制作物のご紹介でお茶を濁させていただきます。
テーマは『うさぎ』

テディベアやぬいぐるみを作ってらっしゃる方なら、一度はうさぎにトライしているのではないでしょうか?
〔細長いみみ〕というやたらハッキリした記号をもっているため、どんな形になっても『うさぎ』に見えちゃう懐の広さが魅力です。


では一匹目。 細身黒うさぎであります。 目つきワルイです。
うさくろ小
わかりにくいですが、頭頂から耳の途中と手足の先がうすい桃色。
足裏の肉球はきらきら素材をはめ込んでいます。
あ、うさぎって実際は毛に隠れて肉球は見えないそうです。


では二匹目。腰掛けハグうさぎ。抱いているのもペタンコうさぎ。
うさだき 
白っぽい毛がトンでて輪郭があいまいですが、アラが見えない
効果を優先。
何かを持ちながら椅子や棚に座るデザイン。
頭と足先がぬいぐるみじゃない実験体。



そしてこちらはベア教室・講師科最後の課題、立ちうさぎ
うさたち 
使用するモヘアや型紙は生徒みな同じですが、目や装飾などの
仕上げは自由だったので、またも自分好みに。
大地震の際も倒れなかった脅威のふんばりバランスです。


はいおしまい。
出してみたら3体しかありませんでした。あれれ。


これではさみしいのでお気に入りのうさぎをすこし。


うさしゅた小 
1904年につくられた古ーいシュタイフうさぎの復刻版です。
『ぺーたーはっせ』つまり『ピーターラビット』なので、
ジャケットと くつを身に着けているらしい。
これをかのピーターに重ねるのは少々強引な気がしますが、
デザインは秀逸だと思います。とても愛らしい。


ちなみにくつはスリッパ。
うさしゅたあし
足入れ部分はフエルトなのに、裏面は刻印の入った革で
上質感UP。見えないおしゃれですねー。



もうひとつは1940~50年代の古いジャパンメイドうさぎ。
うさじゃ 
耳や身体の着色具合とか、あきらかにシュタイフ意識してる。
なのになんでお鼻はオレンジのビニール?


うさじゃあし 
ちょっと内股の足、かわいい。
足裏に描かれた肉球がまたなんとも。
このころの日本製のしっかりしたぬいぐるみにはこうした足裏の
描きこみがあるのが多いそう。


結局最後はいつも通り、よそさまから来てくれた仲間を加えましたが、一応自作物、ご紹介できました。

めでたしめでたし…ではなくて。

そろそろ制作に本腰入れますです。はい。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ テディベアへにほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ

クリックしていただけると
嬉しいです☆

 



作品 | 00:05:36 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。