■プロフィール

きろきkiroki

Author:きろきkiroki
古いベアの趣き・ドラゴンの造形美に惹かれ、好きが高じてぬいぐるみ制作に奮闘中。
などと言いつつステキ雑貨やインテリアなど、よろよろ目移りな毎日。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■アクセスカウンタ

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
悲しき閉店
先日、大好きなテディベアのお店から封書が届きました。
いそいそと封筒を開けると、いつもの素敵なベア写真の刷られた暑中見舞いはがき。
そして中にもう一枚、9月の下旬に実店舗を閉店するというお知らせが同封されておりました。

あああ、ショック

イベント会場でこのお店と出会い、魅力的なベアを良心的なお値段で提供して頂きました。
赤いお口がパッカリあいた、とぼけた表情に魅かれ連れ帰ったベア。
名のあるメーカーのお品と言われ、「どこを見るとわかるの?」というぶしつけな質問にも、後日わざわざそのベアに該当する写真コピーを送って下さいました。 
ベアのみならず気の利いた雑貨小物も魅力的で、ベア用めがねは見かけるたびに購入していました。


Bear’s KissさんからのDMたち
べあきす 
▲左下が質問へのアンサー写真   
 

好きショップの閉店ショックというともう一つ、昨年のArt Book Shopが思い出されます。

手芸関係の洋書がたくさんある本屋さん。
いつか行きたいと思いつつ場所的に縁遠いお店でしたが、ある日、偶然にも職場がお店の近くに移動するというラッキーサプライズが

ついにお店を発見。「この辺だったのか~」と喜び勇んで店内に突入。
入るとレジと雑貨、奥にはイベントスペース。
そして下に降りる階段とともに広がる、高い天井の壁一面に洋書ぎっしりの素敵空間
以来、仕事が早く終わった日には時々お店に寄って、珍しくて美しい本を物色しました。

しかしそれから一年近く後、私がその職場を離れることに。
最終日に立ち寄ると、普段は種類の限られていたベア関係の本が何種類も揃っているではありませんか。
もう気軽に来られなくなるし、自分への餞別とばかりに大きく重い本を2冊も購入して帰りました。

 
べあ本ページ 
▲その時購入したベア本の1ページ


何ヶ月かたったある日、用事でそのあたりに出向いた際、せっかくだからArt Book Shopに寄ろうと思い立ちました。
何時までopenだっけと調べてみると、おやおや?ページが開かない。
不思議に思っていろいろ探すと、な・なんと親会社が倒産。お店も終了

そんなことって…あそこがもうないなんて…
しかも、閉店日はあの職場最終日の翌日。

思い返せばあの日、店内では店員さんたちが本を箱詰めしておりました。
閉店時間間際でしたし、フロアのレイアウト変えをしているのだと思っていました。
そういえば本を買ったとき、いつものビニール袋を箱の中から出していた…

あーと本 
▲いまだ捨てられないパンフレット。
 イベントの予定はずっと先まで載っていたのに…



かけがえのないあの空間は無くなってしまいました。
しかし幸いなことにベアの店の方はもう少し時間があります。
そしてwebshopはまだ続けてくださると。

店舗に行かずともイベントで会えるから…なんてのんびりしてた。
あの地震以来、明日が不確かなものだって思い知らされたはずなのに。

ちょっと遠いけど、この機に店舗に行ってみます。
そして悔いのないようじっくり見てきますね


にほんブログ村 ハンドメイドブログ テディベアへにほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ

クリックしていただけると嬉しいです



日常 | 00:17:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。