■プロフィール

きろきkiroki

Author:きろきkiroki
古いベアの趣き・ドラゴンの造形美に惹かれ、好きが高じてぬいぐるみ制作に奮闘中。
などと言いつつステキ雑貨やインテリアなど、よろよろ目移りな毎日。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■アクセスカウンタ

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ミナ×クリッパンと新たなる楽園と
更に、更にぐぐっと冷え込んでまいりましたね。
皆さまにはお風邪など召されていませんでしょうか?

今の家はありがたいことに以前の住まいと違い冬でも晴れた日中は比較的あたたか。
ですがさすがに真冬の夜はきっちり寒い。
ことに今年の冬は寒いと前々から脅かされておりましてまさしくその通りに。

そういう訳で昨年の寒くなる少し前、就寝時の寒さ対策にと選んだものがありました。


クリッパン×ミナペルホネンのウールブランケットです。
さつめぺる1小  さつめぺる2
片面が赤ベース、もう片面が白ベースのきのこ柄。といってもかわいらしい感じではなくきのこを縦割りにしたら胞子をつくる様が見えた的な感じの模様。ある意味とても北欧デザインぽい。


随分前からクリッパンのブランケットは目にしていたのですが、ひざ掛け、もしくは冬のソファを彩るアイテムとして認識していたため、「厚みがあってあったかそうだけど重くて少しごわごわしてる」と敬遠しておりました。

しかし昨年、新柄の発表時にたまたまネットで見かけまして。
「おお、白熊じゃない柄、新鮮」「なるほど、ベッドカバーとして使うのかあ」

その後普通に店頭で売っているのを見かけ、試しに180×130cmの大きいタイプを購入。
掛け布団の上に掛けてみたら…暖かいではないですか!

一番上にかかっているので布団に入った時点ではわからないのですが、どうやら冷たくなりがちな掛け布団の表面を覆うことによって放熱を防ぎ体温をそのまま何時間も保温している様子。

その後寒さが増すと間に薄手の掛け布を挟むミルフィーユ作戦で充分な成果。
いやあ長く愛されているものには理由があるのですねえ。



そしてもうひとつ、新年に追加してしまいました。

ひとまず落ち着きを取り戻しつつある昨今。
気晴らしに街にでも繰り出してみようかと思い立ったのが運の尽きでありました。

食器売り場できれいな青い鹿がこっち見てる。

いやいや食器、もういらんて。
洋服の動物柄は好きだけど食べ物のせる器に動物はナイって。動物汚れちゃうんだよ?

とかなんとか抗ってみましたが、架空の森に遊ぶ想像上の動物となれば抗いきれず。
saleだとか廃盤だとかのこすい言い訳をしつつ我が家の仲間入りをさせてしまいました。


『サツメッサ(おとぎの森)』というシリーズ。 今度は植物だけじゃなく動物や鳥たちの楽園。
さつめぜん さつめあぷ小
メーカー側としては夏のイメージだそうですがそれほど夏感は感じられず。むしろ鹿の枝分かれした大きな角といい松に似ている木といい、華やかだし今時分にちょうどはまる気がします。

ところでこのシリーズ、お皿はふち部分が幅広く盛る部分が多少狭くなっているのですが、他のアイテムがなんだか大きい。


さつめまぐ小 
マグ、パラティッシと並べるとこんなに大型。
パラティッシもそこそこあるのに。ビアマグ級?!



さつめぼう小 
ボウルも背が高い。けどやっぱり中にも柄があるほうがキレイかな。


さつめさら小 
お皿の厚みも比較してみました。パラティッシはふちが立ち上がり深さがある。
対するサツメッサはペタンコ。やっぱり絵皿的。



先住の楽園さんたちと比較したときはおやおや、てな雰囲気でしたが、たっぷりミルクを注いだカフェオレにはデカマグの方が余裕をもたせられるし、グリーンが利いてるのでお肉オンリーでもお野菜でも意外にいける。
難しい柄とか思ったけれどやはりよく考えてつくられているのですね。

しかし見事に柄物だらけ。
ひとさまから見ればおかしなラインナップでしょうけれど、個人的には楽園まみれでニヤニヤ。

それにしても午(馬)年に鹿って…。
そうそう、きっと深刻に構えすぎず多少はお馬鹿になってふんわりかわせってことですね。
ピリピリムードな時は蒼鹿を見て思い出そう。うんそうしよう。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ テディベアへにほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ
もしもお気に召しましたならばどちらかクリックをお願いできますでしょうか?



北欧雑貨・気になる雑貨 | 23:03:28 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。