■プロフィール

きろきkiroki

Author:きろきkiroki
古いベアの趣き・ドラゴンの造形美に惹かれ、好きが高じてぬいぐるみ制作に奮闘中。
などと言いつつステキ雑貨やインテリアなど、よろよろ目移りな毎日。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■アクセスカウンタ

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ヒグチさんの本と、そういえばいつかのマリメッコ。
ああ、もお一週間以上間が空いている!
身内のことでバタバタしているとはいえ、やはり時間の使い方がヘタクソ。
更新を期待して覗きに来て下さった方、もしいらっしゃるならば申し訳ありませんでした。

しかし情報過多ともいえる昨今。
よし、アレについて書こうなどと思っていたことがあれよあれよという間に走り去ってしまう。

例えばあのヒグチユウコさん。
個展が終了後次々広域発信のお仕事をこなされていらっしゃいます。
イラスト満載シールブックやら付録のブックカバーにもページの中にも絵が施された雑誌やらメゾンコラボのお洋服やら。
皆様にお知らせするまでもなくご存知とは思いますが、やはり出始めに話題に乗りたくもありました。
 
めっこひぐ 
書籍はちゃっかり手に入れております。
左:シールブック『タイニールームズ』裏表紙
右:『Paim maison 10』付録 ブックカバー(2種のうちの1種)



そこで今回はあまりご時勢に左右されないであろう話題をば。

全くもって私事ですが、以前、正規店ではない場所でマリメッコらしきバッグを購入した旨、書かせて頂きました。コチラ

あの時点ではネットでの情報を頼りに自分なりの検証をし、やっぱりそれなりの品であるとの結論に至りました。
で、その後日談的なお話です。

例のバッグ、普段使いに問題はない。
けれどせっかく勉強させてもらったんだし、うん、正規店巡りといこうじゃないですか。

最近は北欧押しの雑誌なども気のせいか目に着き、マリメッコさん実店舗も増えている様子。
方向バラバラながら行ける範囲に何店舗もある。
なにせ行く理由があるんだもの。じっくり拝見させていただきまーす。

どの店舗も商品の多彩な色彩が映える真っ白な店内。
有名な柄のファブリックや北欧らしい色と柄のお洋服などを堪能しつつ、チラッチラッとミッションを遂行。
目的のブツ(同型・同柄)はどの店舗にもありました。

さて、実店舗調査の結果は…。

正規品との違い、全くわからず。

前回、正規品との決定的な差異と思っていた内ポケットのファスナー部分。
別柄のものはネットに示されていた違う型だったのですが、同柄のお品は持っているのと同じ型のファスナー。
どの店舗もすべて同じ。

つぎばっぐ小 つぎふぁすな小 
ショルダー部の長い斜めがけタイプ。バッグの内ポケットファスナーの形はこれ↑

素人ですから違いが無く思えるのかもしれません。
ですがもし同一品だとしたらB級品か工場流れのお品なの?

とまあ、自らに課したミッションですからひととおりの考察はしてみました。

しかしもはや問題はそこではありませんでした。
も・もしや、マリメッコさんの術中に嵌っている!? 

実店舗、魅力満載・夢一杯。お察しの通りミイラ取りがミイラに。

大きな声では言えませんがね、洋服なんぞを買ってしまいましたよ、奥さんっ。
柄の大きさといいサイズ感といい、背の高い人向きと思ってて油断したよお。


でね、最近は秋の新柄のポーチなんかも。

めっこぽお2小 
上が秋色ウニッコポーチ。下は雑誌付録のマイキーポーチ。

ポーチ、ほんとはいちばん大きいのにしようと思ったら品切れとか。
えええ、皆様早すぎやしませんか?!

ですので次に大きい横長タイプにしたのですが思ったよりマチが狭い。というより無い。
横幅の短いふろくマイキーより物が全然入らないとは何事ー!
仕方あるまい、君には口紅やペンを担当してもらおう。マイキーは現役続行だ!

という訳で、ワタクシとマリメッコさんの戦いはまだ始まったばかり、なのでありました。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ テディベアへにほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ
もしもお気に召しましたならば、どちらかをクリックをして頂けますでしょうか。




北欧雑貨・気になる雑貨 | 19:43:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。