■プロフィール

きろきkiroki

Author:きろきkiroki
古いベアの趣き・ドラゴンの造形美に惹かれ、好きが高じてぬいぐるみ制作に奮闘中。
などと言いつつステキ雑貨やインテリアなど、よろよろ目移りな毎日。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■アクセスカウンタ

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
シュタイフネイチャーワールド土産と復刻のお話
もう4月も半ば。
本日はだいぶん暖かく、雲ゆきの不安定ささえ春本番を知らせてくれているかのよう。

などとのんびり空を眺めている場合じゃなーい!!
あれ(ベアフェス)以降だらりと時間を垂れ流すまま過ごしちゃって、あきれるよー自分。

まだまだ先とはいえ浮かれるような話が降って湧いたからそのまんま浮き足立っちゃいまして。
ぬいぐるみ関係ではあるが仕事とかではなく、あくまで自分が楽しいだけのお話なんだからしっかりせい!ってなもんですよ。

そんな体たらくならせめてブログで皆さまに楽しんで頂きたいのですが、特筆すべきことなどそうそうあるはずもなく。
ちょうど家人が札幌に行ってきたので土産話なぞ。


「仕事で札幌行ってくる」「えっ、それなら空港にシュタイフの施設があるはずなんだけど」
そう、札幌・新千歳空港といえばシュタイフネイチャーワールド。
ベア好きとしてはせっかくそういう場所があるなら行ってみたいが機会がない。

もし時間があったら視察でもとお願いし、たいして期待せずにいたらメッセージが。
「ドラゴンあるけどいる?(ただし小さい方)」

さつぽ6 
うーんうーんどうしよう。悩んだ末に見送ることに。
むしろ下段のお猿の方が気になったよ



さつぽ7 
ゴジラもいらした。え、まだ予約受付?発売発表はだいぶ前だったはずなのに


で、ぬいぐるみは遠慮したので代わりのお土産をもらいました。ひゃほー。
さつぽ2 さつぽ3
箱もかわいいくまチョコ。中にちゃんとプラリネ入りでミルクもビターもおいしい。

さつぽ5 
定番クリアファイル。どちらの柄も良いけど最初から2枚組なとこがちょいアコギ


さつぽ1 
商品のミニカタログとネイチャーワールドのフリーペーパー
こういうのって資料になるし、けっこうありがたかったりする


聞くとシュタイフネイチャーワールドはちょっとわかりにくい人通りの少ない場所にあるそう。
実際お客さんはほとんどいなくて、男性が一人で商品を見たり写真を撮っても咎められる事もなく。
通りがかった女性たちが「ここってこの手のが好きなひとにはたまらないんだよね」なんて話していたとか。

テディベアってやっぱりマイノリティだなあ。
この場所も存続、大丈夫かなあ。
一応オンラインショップもある様子。頑張れー。


さて、これだけではなんなので小さなお知らせ。

ワタクシの初イベントは有楽町コンベンションでのグループ参加だったのですが、その時にブースにお寄り下さったお客様が先日の恵比寿ベアフェスで独立後の我がブースを見つけて下さいまして。

なんでもある商品を悩んだ結果買いそびれたとのこと。
そういえばアレ、その後のイベントでも「あの小さいのは無いの?」と聞かれたかも。

という訳で、ちびドラゴンキーホルダーを次回7月のコンベンションで一時復刻することにいたしました。

さつぽ4 
黒くてなにがなんだか。左向きで右上のにょきっとしてるのはしっぽ
つばさが表面つや革なので腕のパーツの黄色が反射しとる


手のひらサイズですが後頭部付近についたトゲトゲと羽根は本革。
手足の付け根をきらきらパーツで止め、更に糸で補強もしています。

ウチは手のかかる連中ばかりなので最近はおちびまでなかなか手がまわらないのですが、なんとか数匹を2日目スペシャルとして準備したく。
初日もちょっと考えていることがあり、イベント近くになりましたら詳細をお知らせするかもしれないしぽしゃるかもしれない。

とにかく、いらして頂ける皆様に少しでも応えられるように。
心に掲げるのはいつもそんな想い。

とかいいつつ、想いと結果の溝が意外に深くてなかなか埋まらないんですよねーとほほ。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ テディベアへにほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ
たくさんの人に見て頂けるよう、ランキングに参加しております。
お気に召しましたらクリックをお願いします!



スポンサーサイト

テーマ:ハンドメイドの作品たち - ジャンル:趣味・実用

日常 | 18:26:42 | トラックバック(0) | コメント(5)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。