■プロフィール

きろきkiroki

Author:きろきkiroki
古いベアの趣き・ドラゴンの造形美に惹かれ、好きが高じてぬいぐるみ制作に奮闘中。
などと言いつつステキ雑貨やインテリアなど、よろよろ目移りな毎日。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■アクセスカウンタ

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
気になる夢と夢のような空間
ごたごたしている間にこんなに、こんなにも更新を怠ってしまいました。
申し訳なく、しかし心がささくれている時は遠慮したほうが良いとの思いも有り。

年末からこっち、ため息ばかり増えていたのを友人と会いなんとか浮上。
よおしこの調子でブログも進めちゃおう!ってな本日です。


さて、まずタイトルにも挙げた夢のお話なぞ。

ワタクシがあるイベントに参加しているという設定から始まり、いざ会場に入ると自分のブースに別の方がいらっしゃる。
あてがわれた番号を確認しようとしても応じてもらえず、「ああ、運営の手違いかな」と考えて係の方を探すことに。

その前に荷物を置いておこうか持っていこうかと思ったのですが、そもそも荷物、持ってきたっけ??
あ、えっ?わたしったら作品を忘れてきてしまったの?!

大変!とあわてて見た事も無い道をうろうろし、バス停発見。
このバスに乗れば家の方面だろうとバスを待つ。

あ、あれ?そういえばそもそも今回持って来れる作品、用意できてたっけ??
うわあ、家に帰っても…何も…ない……。
どうしよう、なぜこのイベントキャンセルしなかったんだろう。
なぜお客様にちゃんとお知らせしなかったんだろう……。

などという心臓にとても悪い夢。
夢でよかったーとその時は思いましたがその数日後、父のことがありまして。
着実に時間を取られ、全くもって順調に予定が遅れておりまする。

しっかり気合入れてないとこういう不義理なことになりかねないぞ、と誰かが事前に知らせてくれたんですねきっと。
はい、あんなふうに背筋の凍るような思いはしたくないです~。がんばります~。


そしてそんなこんなな時期でも魅力ある展示は常に開催されているわけでして。

バイオリズム超低空飛行な時分にふと見たツイートと写真。
たしかこの方の作品とおぼしきものをデザフェスで見たような。

とってもすごくて興味あったのだけれどもある理由で近づけなかったんだっけ。

ある理由、それは、ワタクシの大の苦手なものがどーんと鎮座していたのです。
あれです、いわゆる幼虫というやつ。
昆虫でも大人の類はほとんど平気なのですが、あの柔らかい汁袋に毛とか派手な柄とか着いたものがうねうね動く様がどうしても、どーしてもダメでして。
それがなんと巨大化して本当にリアルに表現されていましてね、泣く泣く近づくのを断念。

けれど今回は海洋生物やら珍獣なんかがメインのよう。
そして会場はなじみのギャラリー・ドゥ-・ディマンシュ青山店さん。
これはじっくり拝見できる良い機会!行こう!


あまのかん小 
というわけで拝見して参りました〔あまのじゃくとへそまがり〕さんの個展『好奇心の閲覧室』

このお方、標本のようにリアルな生物を、革で作られております。
その表現というか生物の再現加減がもうハンパなくすばらしい。
また取り上げる生物のチョイスがユニークかつ魅力的。生物好きにはたまらんラインナップ。



あまの1小 あまの2小
店内のディスプレイ。作家さま自身は在廊されておられませんでしたので、作品細部のはっきりした写真は撮りませんでした。
「ちゃんと見たいな」という方はギャラリー・ドゥ-・ディマンシュさんの
HPとその中のスタッフさんblogをご覧下さい。


店内は珍しい生物でいっぱい。しかもあれもこれも革製で小物入れだったり何かしら用途がある。
さりげなく関連図書や図鑑も置かれ、生物の生態なんかも知ることができるまさに閲覧室。

スタッフさんに説明してもらいながらあれもこれも手に取らせてもらい、作品のクオリティに感嘆しながら『あまへそ』ワールドに存分に浸りました。

そしてやはり。
「おおお、これは!」という出会いに抗えず連れて帰ってきてしまいました。
以下、節注意、爬虫類注意です。





あまのある1小 あまのある2小
アルマジロトカゲです。もちろんしっぽを咥えた防御体制だってちゃんと再現。

見よ、このうろこの重なり具合。動きも自在。ヌメ革の経年変化も楽しみです。
一応ブレスレットとのことですが、足があるので当然輪の中に腕入らない。
他の作品も役に立ちそうで立たない、その微妙さが味になってリアルを中和してる感じ。


とにかくすばらしかった。すごかった。楽しかったー。
2月2日まで(月曜休み)やっているそうなので興味ある方はぜひ!



にほんブログ村 ハンドメイドブログ テディベアへにほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ
もしもお気に召しましたならばクリックなぞ頂けると嬉しいです。



スポンサーサイト
アート・個展 | 01:08:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
ミナ×クリッパンと新たなる楽園と
更に、更にぐぐっと冷え込んでまいりましたね。
皆さまにはお風邪など召されていませんでしょうか?

今の家はありがたいことに以前の住まいと違い冬でも晴れた日中は比較的あたたか。
ですがさすがに真冬の夜はきっちり寒い。
ことに今年の冬は寒いと前々から脅かされておりましてまさしくその通りに。

そういう訳で昨年の寒くなる少し前、就寝時の寒さ対策にと選んだものがありました。


クリッパン×ミナペルホネンのウールブランケットです。
さつめぺる1小  さつめぺる2
片面が赤ベース、もう片面が白ベースのきのこ柄。といってもかわいらしい感じではなくきのこを縦割りにしたら胞子をつくる様が見えた的な感じの模様。ある意味とても北欧デザインぽい。


随分前からクリッパンのブランケットは目にしていたのですが、ひざ掛け、もしくは冬のソファを彩るアイテムとして認識していたため、「厚みがあってあったかそうだけど重くて少しごわごわしてる」と敬遠しておりました。

しかし昨年、新柄の発表時にたまたまネットで見かけまして。
「おお、白熊じゃない柄、新鮮」「なるほど、ベッドカバーとして使うのかあ」

その後普通に店頭で売っているのを見かけ、試しに180×130cmの大きいタイプを購入。
掛け布団の上に掛けてみたら…暖かいではないですか!

一番上にかかっているので布団に入った時点ではわからないのですが、どうやら冷たくなりがちな掛け布団の表面を覆うことによって放熱を防ぎ体温をそのまま何時間も保温している様子。

その後寒さが増すと間に薄手の掛け布を挟むミルフィーユ作戦で充分な成果。
いやあ長く愛されているものには理由があるのですねえ。



そしてもうひとつ、新年に追加してしまいました。

ひとまず落ち着きを取り戻しつつある昨今。
気晴らしに街にでも繰り出してみようかと思い立ったのが運の尽きでありました。

食器売り場できれいな青い鹿がこっち見てる。

いやいや食器、もういらんて。
洋服の動物柄は好きだけど食べ物のせる器に動物はナイって。動物汚れちゃうんだよ?

とかなんとか抗ってみましたが、架空の森に遊ぶ想像上の動物となれば抗いきれず。
saleだとか廃盤だとかのこすい言い訳をしつつ我が家の仲間入りをさせてしまいました。


『サツメッサ(おとぎの森)』というシリーズ。 今度は植物だけじゃなく動物や鳥たちの楽園。
さつめぜん さつめあぷ小
メーカー側としては夏のイメージだそうですがそれほど夏感は感じられず。むしろ鹿の枝分かれした大きな角といい松に似ている木といい、華やかだし今時分にちょうどはまる気がします。

ところでこのシリーズ、お皿はふち部分が幅広く盛る部分が多少狭くなっているのですが、他のアイテムがなんだか大きい。


さつめまぐ小 
マグ、パラティッシと並べるとこんなに大型。
パラティッシもそこそこあるのに。ビアマグ級?!



さつめぼう小 
ボウルも背が高い。けどやっぱり中にも柄があるほうがキレイかな。


さつめさら小 
お皿の厚みも比較してみました。パラティッシはふちが立ち上がり深さがある。
対するサツメッサはペタンコ。やっぱり絵皿的。



先住の楽園さんたちと比較したときはおやおや、てな雰囲気でしたが、たっぷりミルクを注いだカフェオレにはデカマグの方が余裕をもたせられるし、グリーンが利いてるのでお肉オンリーでもお野菜でも意外にいける。
難しい柄とか思ったけれどやはりよく考えてつくられているのですね。

しかし見事に柄物だらけ。
ひとさまから見ればおかしなラインナップでしょうけれど、個人的には楽園まみれでニヤニヤ。

それにしても午(馬)年に鹿って…。
そうそう、きっと深刻に構えすぎず多少はお馬鹿になってふんわりかわせってことですね。
ピリピリムードな時は蒼鹿を見て思い出そう。うんそうしよう。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ テディベアへにほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ
もしもお気に召しましたならばどちらかクリックをお願いできますでしょうか?



北欧雑貨・気になる雑貨 | 23:03:28 | トラックバック(0) | コメント(0)
お知らせという名のご報告
2014年もすでに4日。
みなさま、つつがない年末年始を過ごされておりますでしょうか。

私事で恐縮ですが、これより年頭にはふさわしくないお話を少々。
今そういうのはちょっと…という方はどうぞ遠慮なさらずここまでにしてくださいませ。



では改めまして。

年末に身内の不幸がありました。
ドールワールドのレポを書いた後あまり日を置かずしてかねてより体調を崩していた父の容態が急変。
坂を転がり落ちるかのように帰らぬ人となり、あらゆる事に奔走していたら新しい年になっておりました。

往く年を締めるお世話になった方々への謝辞を述べることもできず、また迎える新たな年に際してのご挨拶もできず申し訳ありませんでした。

じつのところ実家に関してちょっとした事情があり、「俺たちの戦いはこれからだ!」的な番外編へ向けての道のりに能天気なワタクシもさすがに心重くなりがちではあります。

しかし理解ある家族が、友人たちが、制作が、皆さまとの出会いが、覆う霧を払ってくださる。
気持ちをリセットし普段の自分に戻してくれる美しい鍵を得ていたことに気付き実感し、本当にありがたく感謝の気持ちでいっぱいです。

次のブログからは全くもっていつも通りの調子となります。
ひょっこり更新していることと思います。また暇つぶしにでも覗いてくださいませ。

皆さまが穏やかで暖かな日々を重ねられますよう心よりお祈りしております。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ テディベアへにほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ



日常 | 15:52:42 | トラックバック(0) | コメント(2)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。