■プロフィール

きろきkiroki

Author:きろきkiroki
古いベアの趣き・ドラゴンの造形美に惹かれ、好きが高じてぬいぐるみ制作に奮闘中。
などと言いつつステキ雑貨やインテリアなど、よろよろ目移りな毎日。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■アクセスカウンタ

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
必要ないようでいてやっぱり必要なのです。たぶん。
先日、録画していた番組を食事なぞしながら見ておりましたらば、その中で「おおっ」と思う場面がありまして。

ご覧になっている方もいらっしゃるであろうその回は、某大学内でベンチャー的企業として変わった商品の開発にいそしんでいる人々の紹介をしておりました。

その中のおひとりの、そうするきっかけとなった出来事が。
研修医をやっていた頃に手術のため機器一杯の病室にいた女の子の枕元にあった、小さなクマのぬいぐるみであったと。

病室に持ち込まれたあらゆる機器類は、もちろんその女の子の命を護るために必要なものたち。
しかし、生命維持とは直接関係ないようにみえるそのクマのぬいぐるみも、同等に女の子にとっては必要なものなんだと思い当たったとき、衝撃だったと。

理系畑の、効率至上主義側からするとなんとも新鮮な切り口の思考に感じたのでしょうか。
違う分野の方にその辺をわかってもらうのは至難の業。
ぬい愛好家からするとなんともすてきエピソードであります。

同時に以前垣間見た、ある意味真逆のシーンも思い出しました。

確かどこかの水族館を訪れたときだったと思います。
帰り際の道ですれ違った親子の会話に思わず釘づけ。

「そんなかさ張るばっかりでなんの役にもたたないぬいぐるみより文房具とかにすればよかったのに!」

男の子が選んだお土産におこごとを言うお母さん。
正論すぎてぐうの音もでません。

うんうん、私もそう思うよ。大人ならいつも使える物を推すよね。
でもでも。
小さい頃からいつもぬいぐるみやら動物フィギュアやらに目が行きがちだった自分としては、物悲しくて。

彼が欲しかったのがぬいぐるみだっただけなのに。
ああ、怒られた思い出でぬいぐるみが染まりませんように。

そんなふうに感じたこの出来事。
本当のことを真っ当に突きつけられすぎて、ことあるごとに思い出します。


ほんとに役たたずならば世界のいたるところにあるのはどうして?
好き、ただそれだけじゃいけないの?
生活とは無関係なものに潤いを見出したりするのは非難されることなのかなあ?

その時はすぐに浮かばなかった疑問反論はそのままぬいぐるみ愛へ都合よく変換されて、結局大人になった今の方がより強くぬいぐるみのお世話になっておりますですよ。

いつの間に佇んでいる岐路で選ぶ道を決めているのは、当人以外は忘れてしまうようなそんな些細な事かもしれませんね。

その選択がよかったのかスカだったのか、かのTVの人もワタクシもまだわかりませんけれど、好きなことを認識したってコト自体はよかったのではないかなあ、なんて思うのでした。



画像が全く無いのもアレなんで、話題に合うと思われる家にあるぬいぐるみをば。

ぬいぐ3あ小 ぬいぐ3い小
とっても茶色いですが、イギリスの重厚なサイドバイサイドの上にいつもいる3匹。
左からオオアリクイ、アルマジロ、ウォンバット。

こんな感じの、ちょっと珍しい動物をちゃんとリアルめに表現しているぬいぐるみが好き。
動物園や水族館、博物館のショップなぞもうわくわくですが、最近あまり行けてない。
行ってももう増やすのは…まずい…。


行けてないといえば、用事とこのところの天候もあってに行きたい個展になかなかおじゃまできなく残念。
終わってしまうー。
週末半日でもどうにかできないか思案中です。


ぬいぐぽす小 
谷中のギャラリーTENさんではマダガスカルの動物作品が集まる『レムールサーカス』が、西荻のギャラリーみずのそらさんでは『黒ねこ事務所』さんの個展が開催中。
いずれも27日日曜17時までなんです。
 


にほんブログ村 ハンドメイドブログ テディベアへにほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ
もしもお気に召しましたならば、どうかクリックなぞ戴けますと嬉しゅうございます。




スポンサーサイト
日常 | 00:06:39 | トラックバック(0) | コメント(0)
パープルパラティッシ祭りが勃発していた模様です
本日もまた雑貨寄りの、しかも旬を逃した感のある話題にございます。
すでに沈静化したとはいえ、このテーマにはやはり触れておかねばと。


ぬいぐるみ畑ではチラリとも目にすることもありませんが、少しでも北欧をかじっている方々の間では噂になっていた事案が先週末頃ついに解禁となりました。
それは『パープルパラティッシ日本発売』。

以前も紹介したのですが、アラビア社さんの人気食器『パラティッシ』シリーズは現在3色展開されておりまして、そのうちのパープルだけはストックマンという百貨店の150周年記念として発売されたため、日本での展開はありませんでした。

ですので今までは手に入れるのには並行輸入業者さん頼みだったのですよ。
それがいったいどうした訳か、急に日本でも販売されることになりまして。

おおっ定番化か?!と思いきや今回入荷分限りとのこと。
そうですよねー。日本ならばんばん売れそうですもんね。

果たして思惑通り、アイテムによってはあっという間に完売したそう。
ワタクシは手持ちで満足しているので参戦しませんでしたが、参加しても多分、出遅れ玉砕だったろうなあ。


ぱらぱ1 
我が家でほぼ毎日使うのは21センチプレートとマグ。
たまにティーC/Sのソーサーのみ単独使用。
26センチ皿は出番が無いので持っていません。


ぱらぱしえ1 
この食器が名前の由来、ドラゴンの紫園くん乱入。
「いまさら写真なぞ撮ってどした?」
「パープルパラティッシ、日本で発売したんだよ」


snap_kirokidora_2013104167.jpg 

「なんと!ならばもう希少種を名乗れない~!」
「いやまだ大丈夫だと思うよ。数量限定みたいだから」


希少な方が持つ価値みたいのは上がるのかもしれませんが地震国だし食器なんて割れるがさだめ。
この色が一番好みなので限定とかいわずできれば定番入りさせて欲しいですな。

最近は壊れたから、古くなったからとまた同じものを所望しても叶えられないことが多いですよね。

使って良いと思うものはリピートしたい。
しかし品質が良いほど買い替えサイクルが長く、生産者側が潤わないジレンマ。

だから尚更、長年生産が続いているものは応援したい。
そう考えると今回のようにたーくさん売れるっていいことだなあ。


ところでこのパープルパラティッシという名前、確かにちょっと長いかもしれませんが。
皆さん略しておられ、パラパーだのパーパラだのなんとも力の抜けるような響き。
せっかく力強い絵柄なのに。せっかく絶妙な美しい色あわせなのに。

ですので無理に略す必要あるのかなあ…自分は略さないに一票を投じたく。
お祭り騒ぎを傍から見ていて一番気になったのはそんな部分であったりしたのでありました。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ テディベアへ にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ
もしもお気に召しましたならば、どうかクリックをばお願い致します。



北欧雑貨・気になる雑貨 | 02:25:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
ご無沙汰いたしました。そして懐古に浸る催し
なんだかずいぶんとお休みを頂きまして。
そんな中でもご訪問下さる方がいらっしゃり、本当にありがたいです。

用事があったりなかったり、思うところがあったりなかったり、あえてお知らせすることがあったりなかったり。
それぞれが重なり絡み合っているうちに日にちというものは過ぎ去ってしまうのですねえ。

せっかくぬいぐるみ的な話題もあったのにすっかり彼方。
ですので本日はまたもぬいからもベアからも遠く離れた話題に。
申し訳ありませんです。


ええと、懐古色の濃い展示を見て参りました。

えどとーかん小 
モースさんという東大の先生をしていた方が「ニホンオモシロイ」って目線であらゆるものをコレクション。
きちんと図録資料にまとめ上げ実物と共に保管。
今は無くなってしまった貴重なもの一杯あるから見せてあげるよ!って感じの展示です。


チケットを頂いたので行ってみた、程度だったのですが案外面白くじっくり見てしまいました。

そりゃあ今の方が便利で清潔で安心で、断然良いとは思います。
しかし殊更災害の多い地に生活するに当たっての知恵というか身の回りの無駄の無さはやはりすばらしく。
欲張りが発展に繋がるとはいえ、こうした機会に立ち止まって見直してみるのもいいかなあと考えたり。

とかいいつつ、この展示関係のミュージアムショップがまた絶妙な品揃えでして。

モースさんの著書や展示品図録、展示アイテムをプリントしたオリジナル商品(Tシャツなぞはなかなかかわいい)は当然としてその他に。
大きく場所を割いているのはかごもの・ブリキものなどのちょっとノスタルジックなお道具の数々。

せっかく清貧へと気持ちが傾いたのになんてことをなさるのか。
ええ、おみやげ買ってしまいましたよ。


えどとーぐっず小 
購入したのは給食チックなアルマイトのトレイと、赤いホウロウ蓋がキュートなこれまたアルマイトの急須。
手持ちの北欧食器と合わせてぼっち昼ごはんをちょい盛り上げ。



実のところ給食、好きではなかったのです。いや嫌いでありました。
それがこんな風に勝手にアレンジのすたるじいでニヤニヤできるようになるとは。
ずいぶん遠くまできちゃったもんです。

さてこの展示は両国の『江戸東京博物館』で催されてるのですが、ここ、常設展が意外に見ごたえあるんです。
天井が高くて中が広ーい。


えどとーよせ 
歌舞伎小屋?では実際に寄席をやっていました。
これを写している場所は再現された木製の日本橋の上。
室内にすっぽりいくつもの建物が建っているんです。

えどとーじお1 
ジオラマも大きいー。人々の服装や動きも細かい。


えどとーかでん 
デザインに思わず魅かれる古い家電。カッコイイ!


えどとーおり1t えどとーおり2t
ちょうど東京オリンピック特集の展示もやってました。右は選手団の服が入っていた箱。
うわあ、これが届いたら日本代表としての意識が否が応でも高まるってもんでしょう!


ご紹介したのはほんのほんの一部。
触れる体験コーナーも多いし、若いこグループやお子さんも写真撮って楽しそうでした。

明治・昭和の特設展と広い常設展、全て一枚のチケットでまわれてお得!
しかし盛りだくさんで観きれなかった。いつの間に足も疲労。

もしもお寄りの際は履きなれた靴でお時間に余裕を持っての来館をお勧めいたします。


なんだか関係者のような〆…。
それにしても次回はカテゴリーにふさわしい話題にしたい。

 ああなんでタイトルにぬいぐるみ、入れちゃったかなあ。
何事も曖昧なくらいがちょうどよいのかもしれませんねえ。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ テディベアへにほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ
もしもお気に召しましたならば、どうかクリックをば
お願い致します。





日常 | 18:03:42 | トラックバック(0) | コメント(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。