■プロフィール

きろきkiroki

Author:きろきkiroki
古いベアの趣き・ドラゴンの造形美に惹かれ、好きが高じてぬいぐるみ制作に奮闘中。
などと言いつつステキ雑貨やインテリアなど、よろよろ目移りな毎日。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■アクセスカウンタ

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ようやくぬいぐるみ話。どらごんチームのご紹介。
おやおや?今日は何日ですか?もうブログ更新予定日は過ぎたようですよ??

うわああ2月がおわる~終わってしまう~。
神様、なぜに2月は日にちが少ないのでありますか……。

このままいくといつのまにか恵比寿ベアフェス搬入当日になってるとか、あるあるすぎる。
後日まとめて画像をアップしようとか思っていましたけれど、もしかするともしかする予感。

という訳で、本日はとりあえずドラゴン勢のお顔だけでも見ていただきたく。

いや、勢、とかいうといっぱいいそうですけど3体です。
え、いまの時点でたった3体?その数字間違ってません?

残念ながら、まことに遺憾ながら、たった3体にございまする。

ドラゴン超ラブとか言ってながら、このていたらく。

うわーんすみません、未熟だからです。
未熟ゆえやりたいことを全てきちんとやろうとすると異様に手間取ってしまうのです。

それでは、そんな細かすぎて伝わらない愛を無駄に注がれても困るなあと言いたげなご本人たちをどうぞ。


どらみか小 
ひなドラゴンのみかんさん。
ふわふわ産毛と淡いオレンジがひならしい、やんちゃイメージのコ。
全体にほわっと柔らかくて癒し系。



どららいら小 
もう一体のひなドラゴン、ライラックくん。
落ち着いた色味でおとなしい印象だけど、深くきらめく瞳が魅惑的なコ。
瞳、わかりませんね。しかもあまり写真映りよくないぞ。




どらしえ小 
以前もご紹介した、大人ドラゴンのシエンくん。
カラダ全体をお見せしようとしたらなんだかいまいちなお写真に。口開けすぎだな。
本当はどの角度から見てもかっこいいヤツなんです!と自画自賛なコ。



どらさん小 
大きさ比較。大人というほど大きくなく、ひなというほど小さくない。
持ったり抱いたりしやすくて、なおかつ中に仕込みをするためこの大きさに。

シエンは立ち姿が基本で、立って角の先まで約40センチ。
ひなは座り基本で座った状態で頭まで約20センチ。

どちらも、頭・両手足の5つにプラス両足首と尻尾で計8ジョイント。
口・くび・腕・羽・尻尾にワイヤーが入っているのでポーズが決めやすいです。


さて、とりあえずご紹介いたしましたが写真じゃ本物の雰囲気は伝わらない、伝わるわけがない。
ですのでぜひ、来て見て触っていただきたく。

ご招待はがきも少しだけ余分がでそうですので、「テディベアとか興味なかったけどちょっとは見てみたい」「こういうイベントってマニアさんばかりで入りにくそう」などと躊躇している方がおりましたらメールフォームからお知らせください。
未知の世界へのご案内の助けになればと思います。


さあて、お次は小さいのに手をつけますぞ。
これから大物はむつかしいのでちびっこをなるたけ数増やしたい。

なお、『テディベアフェスティバル』に必要なベア成分は、既出のしろつめくまさんに一手に担って頂く所存です。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ テディベアへにほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ

もしもお気に召しましたならば
クリックをお願いいたします☆



スポンサーサイト
作品 | 01:04:56 | トラックバック(0) | コメント(0)
増殖の北欧食器と、ご新規Cabbage & Roses

大丈夫、大丈夫ですよ。またドラゴン作ってますよ。

マッハの速さで過ぎ去る一週間にビビリまくりあわててブログを更新するも、今年もはや恒例の食器話題だとしても。
なんとかなる、なんとかする…うん。きっとなんとか……。


はい、そうなんです。
今年片付けに伴い突然勃発した自分内北欧ブーム。

その加速ぶりに家人は難色気味。

しかししかし、ベアやドールとは一線を画す『実用品』という売りを最大限にアピールしつつ仲間を着実に増やしている今日この頃。

年明けからそんな感じでしたので当然冬のバーゲンなぞ全面自粛。
服飾品は当分、今あるもので充分とセールの文字躍る百貨店の売り場には極力近づかないでおりました。

2月に入りすっかり落ち着いた街並み。
安心安心と思いきや、今って2月中旬くらいまではまだセール価格のものが置いてあるのですね…。

その時見つけてしまったもの。


まずは松屋イッタラさんにて。
ぶらぐら小 
カステヘルミ・サンドの230mlボウルとカルティオ・リオブラウン

ほら、なにせ初心者ですから、皆さんのブログでよく見かけるアイテムってどんな感じなのかなあなんて見に行ってみたところ、セール価格になっているものが何種類かありまして。

ほお、これがカステヘルミかあ。うん、プレスガラスだからしっかり厚い。
やっぱり重めだけど外側のつぶつぶのおかげで持ちやすいし手触りきもちー。
色も濃いブラウンでかっこいいよね。

えーと、これ、2つ買いたいんですけど…と恐る恐る同行の家人に尋ねようと探すと、彼はある商品を物色中。

それがカルティオというグラスのリオブラウンというお色。

そういえば家のデュラレックスたち、何年も使い込んで傷でくもり気味。
グラスこそ新調すべき時かも。

気に入っている様子を見て、ブログで得た知識を駆使しダメ押しに入るワタクシ。

「カルティオは比較的丈夫みたい。それにリオブラウンはお水がブランデーに見えるって評判だよ~。」

晴れて2個づつ、購入と相成りました。
ネットのほうがもう少し安かったりもするけれど、一緒に見て購入したという事実が大切。


そしてまた別のお店。
前々から気になっていた『キャベッジアンドローゼス』さん。

こちらは甘さを残しつつ大人っぽい花柄のファブリックがとてもステキで有名ですよね。
その中の定番柄のリネンを使ったお洋服が一部セールになっておりました。

ぶらぐらきゃべ1小 ぶらぐらきゃべ2小
淡いピンクが華やかな『Rose』と落ち着いた風情の『Black Natural Hatley』のスカートです。

Roseはたっぷりギャザーに腰の色とりどりのボタンが魅力。
一方Black Natural Hatleyは前はボックスプリーツ、うしろはギャザーのタイプ。
単色の花がリネンのベースによく映え、ウエストの黒いリボンが引き締め役。

背が低い上にウエスト周りの拡張速度が恐ろしい今の体形には鬼門ともいえるギャザーロングスカート。
でもでも。 花柄布さん、好きなんです!ずっと前から見てましたっ!お願いしますっ!

ダメになったらリメイクしちゃうから、なんて言い訳アンド伝家の宝刀ギフトカードをふるい、2着をお持ち帰り。

すでに室内で着用中ですが、意外な効用が。

制作で座っているとき、タイツを2枚重ねでも夜はひざが冷えがちでした。
が、このスカートを今までの部屋着にプラスしたら、たっぷりリネンがひざを護ってあったかいぞ!?

結局くたくたになるまで愛用しそうです。


ふう、よし、ブログ書いたぞ。
さあ制作のつづきだ。

ちなみに今つくってる子はライラックくんです。
では。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ テディベアへにほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ

もしもお気に召しましたならば
クリックをお願い致します☆



北欧雑貨・気になる雑貨 | 19:39:28 | トラックバック(0) | コメント(0)
アンティークアウトレットIN浜松町、ふたたび
去る2012年9月、浜松町産業貿易センターで催されたアンティークアウトレット。
今年は2月10日に今一度開催されるとのお知らせを受け、見に行ってまいりました。

前回は大物狙いの目的を見事果たして意気揚々帰途に着いたのですが、今回の開催日はあいにく午前中に用事。
午後からのゆっくり参戦ですので、何かめぼしいものがあれば的なお気軽モード。

とはいえお一人様500円の入場料がかかりますから、行った甲斐はあって欲しいところです。


さて、産業貿易センターの相変わらずひと気の少ないロビー。
奥のエレベーターで目的階に行き受付で料金を払いくじははずれて今回500円金券は無しかあと顔を上げフロアを見渡すと。


あ、れ、?? まばら………?


なにが疎らかって…お店です。

出展しているお店が、とにかく疎らにしかない。
もしかして二桁もないんじゃ…


えええ!以前でさえお店が少ないと感じたのにその半分にも満たない感じ。
それでもお客さんは案外いらっしゃるのですが、それぞれが離れているせいか会場がとっても静か。

しかししかし。もう入場料払っちゃった。行くしかない。


幸いワタクシには目的のお店があったのです。
前回とてもステキな品々を提供してくださった『Eiko‘s Quiliting Bee』さん。
たぶんあのテーブルに違いないと一直線。

開場時間から2時間以上経過しての入場ですので、やはりアイテム数が少なくなっている印象ではありました。
立体的なディスプレイではなく、平置きですべてが見渡せる量。

それでもさすが、いいなと思えるものがいくつもあり、戦闘モード突入。

おやおや?入場時の絶望などどこへやら。
結局いくつかの戦利品を手に満足げに撤退したのであります。


それでは持ち帰った品々をちょっとご紹介なぞ。


あんてぃみっつ小 
うさぎシリーズ~。絵本・トレイ・フィギュア。
絵本は見開き右がずっとカラー挿絵でかわいく充実



上のうさフィギュアはワグナー社さんの1950年代?のもの。
あんてぃうさ小 
ワグナー社さんといえばこのまゆげ!
リアルな造形なのに一気に親しみ&キャラクター性がUP。
ちっちゃくても細部まできちんとしたつくりです。


シュタイフのぽんぽんねずみさん。1949-58年のもの。
あんてぃねず小 

耳にボタン有り。足のフェルトパットも体のふわふわ感も申し分なし。
けれど少し全体に黄ばみがかっているのと、なによりしっぽが切られて無くなってるせいか、な・なんと500円という破格のお値段!

そんなの全然かまいませんよ。だって最初うさぎだと思ったもの。
ナキウサギっぽいよね?

それにうちにはしっぽなしPiepsさんもいるし。
おなじ(同じ)おなし(尾無し)仲間だね。



こちらは少し大きめ人形用?スチール椅子・クッション付き。
あんてぃいす小 
無骨で塗料の剥げ具合も粋ながっちりハードないすに、
愛らしいアヒル柄の厚みもしっかりなクッションが付属。

腰掛け姿に定評があるすわりおきつねさんに座って頂きましたがいかがでしょう。
小さなもののディスプレイにも活躍してくれそうな一品です。



あんてぃびん小 あんてぃぱあつ小
他の店では古いビンゴカードやパーツセットなどを。


今回購入したものの中でお値段4桁越えたのは椅子とワグナーうさぎのみ。
あとは500円・300円・100円と、まさしくアウトレットを堪能。

他にも、自分には手の届かないお値段ながらすばらしいアンティークテディベアがだいぶお安く出ていたり、参加店さんの思い切った心意気にこちらも心躍る、ワタクシ的にはそんな時間を過ごせました。


だけど、あの参加店舗数……
次回、は果たしてあるのか?
無いかも…しれないなあ…。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ テディベアへにほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ

もしもお気に召しましたならば
クリックをお願いいたします☆






北欧雑貨・気になる雑貨 | 17:39:58 | トラックバック(0) | コメント(0)
パープル×グリーンのあいつ
もはや週間といっても過言ではないゆっくり更新、本当に申し訳ありません。

制作時間にすべてを費やしているならいざ知らず、焦る心とはうらはらにあっち向いたりこっち向いたりの日々。

夏休みの宿題は最後にまとめてなんとかするタイプの気質は、悲しいかないまだ治らず。
恵比寿直前、うおおおおと髪振り乱す我が姿が見えます。もうすでに。

それでもなんとか完成にこぎつけた大人ドラゴンさんでもチラっとお見せして、なんとかこの場を収めたく。


はい、こちらです。パープルとグリーン、ちょっとピンクのドラゴンさん。
ぱぷぱら小 

って、あらら?ドラゴンよりもメイン面で写りこむものが。

白々しいですね。
手前の食器は『パープルパラティッシ』さんであります。

以前買い求めた『ブラックパラティッシ』。
柄が妙とか言っておきながら、我が家ではたいそうな働きぶり。
うんうん、もう少し買い足してもよいかも…とネットをうろついたところ新たなる刺客に遭遇。

この『パラティッシ』、もともとは青と黄色の絵付けのされたシリーズ。
その派生として色をつけてないものをブラックパラティッシとして売り出したところ本家をしのぐ人気となった模様。

確かに日本人的に青と黄色のコントラストは少し強すぎな印象。
私も最初からブラック一択。

が、しかし、パラティッシには他にも仲間が居たのだった!
それがストックマンというフィンランドの百貨店が150周年記念の限定品として発売したパープルパラティッシ。

青黄色のカラーが一般種であるならブラックは亜種、もしくはアルビノ。
パープルはまさしく希少種。

しかも紫と緑のこの組み合わせ、本能レベルでなんか好き。

テディベアに使用するのはなかなか難しいこの色も、ドラゴンなら難なくこなせるよッ!とばかりに大人ドラゴン、まさしくこの配色ですし。

希少種らしく販売されているところは限られていましたが、ちょうど入荷したてのサイトを発見。
現在、毎日の朝食に彩りを添えてくれております。



制作中の、自分的好き配色でまとめた作品とおそろい配色の食器にいささか興奮。
つい熱い想いを綴ってしまいました。うざくて申し訳ありません。

で、言いたかったのはつまり、『パープルパラティッシ』→『紫の楽園』らしいので、
大人ドラゴンの名前は『紫園(しえん)』かなあと。

ちなみに子ドラの方は『みかん』さんです。たぶん。


ぱぷどら小 
窓の外を伺うシエンくん。「雪…積もんないな」


そうそう、恵比寿、と簡単に表記している『ジャパンテディベアフェスティバル2013 イン東京』。
3月16日土曜・17日日曜の両日、恵比寿ガーデンプレイス内のザ・ガーデンホールで開催されます。

ワタクシKiRoKiもROUTE310さんと合同で出展いたします。
ブースナンバーは143番。出入り口のエレベーターの近く。
新人ですのでいわゆる末席?

作品紹介など詳しくはもう少し近くなってからまた。


皆さんが「ちょっと行って見てみようかな」なんて気まぐれにでも思ってもらえる作品をご用意したく。
さて集中だ~!


にほんブログ村 ハンドメイドブログ テディベアへにほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ

もしもお気に召しましたならば
クリックをお願いいたします☆


作品 | 17:26:57 | トラックバック(0) | コメント(2)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。