■プロフィール

きろきkiroki

Author:きろきkiroki
古いベアの趣き・ドラゴンの造形美に惹かれ、好きが高じてぬいぐるみ制作に奮闘中。
などと言いつつステキ雑貨やインテリアなど、よろよろ目移りな毎日。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■アクセスカウンタ

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ちょっとドラゴン
テディベアは棚にぎゅっと詰まってますが、ドラゴン系は好きなわりに少なめ。 

立体系ドラゴン、昔はともかく今目にするのはゲーム関連でしょうか。 
モンハンのモンスター達とか。
お店で見かけ、「小さいものなら…」とパッケージを見ると、数種類の中でどれが当たるかわからない仕様。
一番欲しくないものが当たる確立が異様に高い自分。回避せざるを得ません。
大きいモデルのフィギュアなんかもあってすごく惹かれるのですが、根本的な問題が。

部屋に馴染まない

パソコンやオーディオ関係重視の硬質クールな部屋ならばよかったのかもしれませんが、我が家は一般的日本の家庭。
木の家具、微妙な雑多さ。
ここにフィギュアを配すれば中途半端なマニア感。

テディベアもマニア感は満載ですが、木製家具やアンティーク雑貨との相性がよく、お互いに引き立て合う気がします。
ドラゴンフィギュアとテディベア、どちらも大好きなのに明暗別れたのはそういう理由が第一でした。


それでも近年、自分で創作を始めたため、資料として…の名目で再びドラゴンの重要性が浮上
とりあえず、手持ちのものを見返してみました



まずはフィギュア系?
雲どら前雲どら後ろ 
cloud dragonだそうです。透けた羽根、重なるうろこ等、美しい造形です。
大人の手のひらを広げたくらいの大きさ。



続いて置物系。ピーコックドラゴン。つやつや虹色。
めいるどら全 
めいるどら顔 
ずいぶん前にアメリカのショッピングモールで見つけて、
ずっしり重いのにお持ち帰り。
後に日本でも販売されていました。
これもうろこの表現や装飾が細やかで綺麗です。




もうひとつ、珍しいかな~と思うもの 
アンバードラゴンです。 片手に楽に収まる小ささ。
こはくどら 
文字通り、ブルーアンバーに立体的に彫られたドラゴン
アンバーの形を生かし動きのある、かつ細部まで繊細に
彫り上げた匠の技が光る逸品でございます。

こはく透け小 
陽に透かすとまたうつくすぃ~
あ、写真だと姿形がよく解からないですね 


とりあえず、こっそり置いておいてもあまり違和感を醸し出さないのでは、と思うドラゴンアイテムをご紹介いたしました。
一方、違和感アリアリの、だけど気に入っている、だけどおもてに飾れない残念さんもおります。 

ご紹介はいづれまた

にほんブログ村 ハンドメイドブログ テディベアへにほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ

クリックしていただけると嬉しいです





スポンサーサイト
ドラゴン等 | 23:17:38 | トラックバック(0) | コメント(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。