■プロフィール

きろきkiroki

Author:きろきkiroki
古いベアの趣き・ドラゴンの造形美に惹かれ、好きが高じてぬいぐるみ制作に奮闘中。
などと言いつつステキ雑貨やインテリアなど、よろよろ目移りな毎日。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■アクセスカウンタ

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
恵比寿ベアフェスお疲れ様です!一方私は「moriのえほん展」へ行ったのです
もうここを見てる方なぞおらんかなぁとも思うのですが、突然更新失礼します。

先週は恵比寿でテディベアフェスティバルでしたねー。
出展者の皆様、お疲れ様でした。お客様方は良い出会いに恵まれましたでしょうか?

ワタクシ今回の恵比寿は作品を揃えられる算段がつかないと判断し、出展を見送らせて頂きました。
後から「はっ!もしや恵比寿回避のお知らせ怠ったかも…」と気づきましたが時すでに遅しでありまして本当に申し訳ありませんでした。気を引き締めねば。

そんな訳で恵比寿へは久しぶりに客側で伺いました。
とは言ってもだいぶゆっくりの社長出勤でしたので、作品になるより溜まる速さが圧倒的な資材を飽きもせず買い込み、ようやくできた顔見知りと言って差し支えないと思しき作家さまたちにご挨拶し雑談に興じさせて頂いてるうちに閉場時間に。
おおう出展してないとお気楽極楽だなあ、なんてのんびりした感想を抱きながら帰途に。


そして次の日は、とても楽しみにしていた「moriのえほん展」を拝見しに、練馬区平和台にあるNoe Cafeさんへ。
とても好きで度々おじゃましている『なんちゃってアトリエ』というブログもなさっている森田さんの作品たちを直接手に取ることができる初個展。

これはゆかねばならぬと極度の方向音痴を気合いでなんとかねじ伏せ、氷川台駅から徒歩10分ほどかかる道のりを奇跡的にお店までたどり着くのに成功。
そうして訪れたNoe Cafeさんは噂以上に素敵な、いや素敵とか一言で言うのは失礼なほど素晴らしいお店でありました。

もりの04
花、シャンデリア、天井や壁の設え。相まって醸し出される空間の美

もりの05もりの06
所狭しと精緻なドールハウスが並び、見所満載すぎて見きれないほどの店内

そんなお店の雰囲気に溶け込むようにしてmoriのえほん展は開催されておりました。


もりの03
お話を紡ぐ小さな彼らがこんなにたくさん!しかもコレでもだいぶ減った頃!


もりの01もりの02
こんな子やらあんな子やら魅力的な面々に皆さん選ぶのに四苦八苦

そのサイズ感やキュンとくる表情。
まさしく愛らしいのにどこか品のある落ち着きもひとさじ纏っていて。
重ねてセンス良く細やかな小物やお洋服を身につけているとなれば連れ帰りたくなるのは必然。

ワタクシも例に漏れずご縁を頂きましたがそれにプラスして。
場所がカフェであった為、作家さまと多岐に渡ったお話をする機会を得る幸運が。
楽しくも充実したひと時に幸福度MAX。ありがとうございましたお邪魔いたしました。

今後どんどん活躍の場を広げてゆくだろう作家さま。
自分も構ってもらえるくらいに遅れをとらずに気合い入れて行かないと…ね…。

次回は戦利品とかちょい作品のこととか報告しようかな。とはいえ果たしてできるのか?乞うご期待。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ テディベアへ
ランキングに参加しております。
お気に召しましたなら上記バナーをどうかクリック!





スポンサーサイト

テーマ:ハンドメイド雑貨*イベント* - ジャンル:趣味・実用

テディベア他 | 03:47:38 | トラックバック(0) | コメント(0)
テディベアまみれの日!大興奮のハグレッツ!
ブログ、だいぶさぼりましたからねえ。
旅行記はさくさく参りましょう。

今回の旅行のメインイベントはなんたってHugglets Would of Teddy Bears 『TEDDIES 2015』 であります。

いよいよ本番の日曜日、旅の相棒soyoさんは出展準備のため先にホール入り。
一方私はお客として一般入場するので腹ごしらえなぞ済ませ開場時間に合わせゆっくりホテルを出発。
会場、わかるかなあ?なんて心配もしていましたがなんとホテルのすぐ近く。加えてベアショー入場に並ぶ人の列が目印になり難なく到着。

行列といっても左右2・3人並びの一本が長く尾を引いてる感じなので入場制限は無い様子。
ほっとしつつそれでもやはりベアイベントは高揚しますなあ。ドキドキしつつ入場!


はぐれ2小
熱気あふるる会場内。自分も含めお客様は楽しみつつも良い出会いを求め皆真剣!


会場内はいくつかのスペースに別れていて、比較的広々と見渡せるホールが2箇所に少し小さめの階上と地下、またそれらをつなぐスペースにも業者さんが少々といった配置。
全体で数えるとかなりのブース数なのですが分かれている為か当初考えていたよりこじんまりとした印象。
またそれぞれのホールへの行き来がしづらく、最初わかり難かったなあ。

とにもかくにも最初はどんな作家さんが来ていてどんな作風なのか見ながらぐるりぐるりと廻り歩きながら会場の配置なども把握。
本当は材料を主に購入するつもりだったのですがモヘアを置いているブースは少しだけ。しかも面白い感じの欲しいやつはお高い…。
選択肢が少ないのはいかがなものかと残念ながら断念。

はぐれ3
階上からの眺め。モヘアは壇上のお店だけだった様子。
この写真を撮っている場所の背後には椅子があり、皆さん階下を眺めながら休んだり戦利品を見せ合ったり。


その代わりに古いベアやアニマルを並べているブースが思ったよりたくさんあって、いやあ眼福眼福。
おおっあれはー!ぜひお値段を確認したいっと思ったブースは人だかり。もう一度見に行ったときにはお目当てくんは居なくなっておった。
他にも日本ではあまり見ない大きなハグミーとかすごくいい感じでねえ…連れて帰りたかったよ、大きな住まいならばね。

古いやつらばかりではなくもちろん!世界から集まる実力派作家さまの作品群、すばらしかったですよお。

はぐれ4
はぐれ5
作家さんも作品もディスプレイもすごくかっこいいブースがたっくさん!
その完成度とぐっとくる迫力。すごいなあすてきだなあ。



ほんとに会場内の写真少なくて申し訳ないです。
だが!一日しかないのでもう夢中で見入ってしまってまたも余裕皆無。
気になるブースをチョイスして各階をなんども徘徊し、作家さまとカタコトでお話(?)したりお値段交渉したりしてたらもう終盤。

結局欲しいものはかなり良いお値段でほとんど買えなかったのです。
がしかし、それらの作品を目の当たりにし、触れて感じて、充実感でぱんぱん。
本当に楽しかったなーへろへろになったけどね。


そしてその興奮も冷め遣らぬまま、翌日にはパリへ移動。
ベア作家2人はパリのこんなとこに行きました、を次回ご紹介しましょうかね。もう少しお付き合いくださいまし。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ テディベアへにほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ
多くの方に見ていただけるよう、ランキングに参加しています。
もしもお気に召しましたら上記のバナーのどちらかをクリックして頂けると嬉しいです。





テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

テディベア他 | 00:35:23 | トラックバック(0) | コメント(2)
た、ただいまです。ハグレッツ行ってきたので旅行記をば
皆様、長期にわたるご無沙汰、失礼いたしました。
ようやく日常に帰って来られましたよー。
前回はええと7月末ですか…がっつり二ヶ月以上お休みを頂いたのですね。

いやあなんだかね、おろおろわくわくと旅行準備をしていたらいきなり親戚のごたごたが降りかかってきて、帰国したら身内のごたごた(まただよ)を含む問題にパワーアップ。
あちこち奔走させられようやくひとまず収束。だが結果次第ではまだ続く…という状況にぶんぶん振り回されておりました。

あああ、おかげでここに記そうと思ってた諸々がすっかり機を逸して台無しだよー。
何年ぶりかで降り立った地で、昔とは違う出会いや体験で得た新鮮で美しくてふくよかなる感慨が踏み荒らされ遠くに押しやられてしまったようでがっくり。

熱さはちょっとしぼんじゃったけどしかし全てが消えてなくなっちゃったわけじゃあない。
すでにハグレッツ参加の作家さま方が素敵レポをご紹介済みだと思うので、ここでは備忘録的な旅行のあれこれを少しだけ書いていこうかな。
どれもこれもと脱線しがちかもしれませんがお付き合い頂けるとありがたいです。


さてさて、今回はひさーしぶりの海外なので、事前に人様の旅行記やら様々な項目の口コミやらを読んで備えてみました。
だけど読めば読むほどなんだかいろんな難関が待ち受けているーと不安を煽られまくり。ひょえー英語しゃべれないのにー。

はぐれ6小
行きのラウンジで早速たそがれる旅のお供、きつねくん

航空会社はブリティッシュエアウェイズだったのですが、案の定機内食を選ぶところから聞き分けられなかったよ。
あれえビーフオアチキンじゃないぞーなんとか?とスクランブルエッグって聞いてる。あははこりゃエッグ一択だね。
到着後いきなり立ちはだかるは質問攻めにされるというロンドンヒースロー空港のイミグレ。こんな有様で突破できるんかいな?

そんな心配をしてるわりにグーグー寝て食べて長時間フライトをやりすごし、いざ入国の列に並ぶとアラブ系の方?がなぜかわんさか。
そのせいか我々はちょっとだけ日本語も話してくれる人のブースを割り当てられて何事もなくスルーアウト。おおうラッキー。
ロストバゲージもなく送迎の車にも無事乗れて、ロンドン入国は思いがけなくスムーズ攻略でほっとしましたよー。


はぐれ8
来たぜロンドン!赤い二階建てバスめっちゃたくさん走ってる
マフィンカフェはいつも大賑わい。建物も合わせ良い雰囲気



ハグレッツのショー会場に程近い大きめで賑やかホテルに泊まったのですが、その界隈は治安もよく大通り沿いに並ぶ綺麗目のお店は比較的遅くまで開いていて助かりました。
なにせ9月半ばというのに8時頃まで外が明るいのでついついうろうろ。そして急に日が暮れて焦るー。

そういえばロンドンでは地下鉄しか利用しなかったのですが、オイスターカードを買ったので次回はバスも乗ってみたい。

はぐれ7

オイスターカード便利だった。最寄駅の自販機では日本語のバージョンも選べたー親切!
一方現金の方は使い慣れないお金っていくらなのか実感沸かないし、ポンドったら同一硬貨でもコインの柄が様々で把握しずらかったよ。



ノッティングヒルが近かったのでポートベローマーケットにも行ってみました。
駅を出たらマーケットへ行く人々がたくさんいるって本に書かれてたのにあれえ?それらしき人など全然見当たりませんが?
人に聞いたりして進むもなかなかそれらしき場所は見えず。
はい、迷いましたとも。

旅の道連れになってくれたベアアーティストのsoyoさんとは一緒にお出かけするのは今回が初めて。それがいきなり海外。
でもまあ趣味も合うしついでに親睦を深めればいいかあ、なノリでの決行。

着いて早々、2人共いつもお互いの相方に道程の全てを任せきっていた極度の方向音痴と判明。
似たもの同士本領発揮。それからも迷うのはほぼ定番に。
しかし彼女は対人・iphoneスキルを備えておったのだ!
ちょい右往左往しつつも乗り切りちゃんと目的地へ到着。頼りになるう!

さてそのポートベロー、どっからこんなに湧いたの?ってくらい人多いし、すーごい先までお店が連なっていてどこから手をつければよいかわからんくらい。
とりあえず外に並ぶ品々を眺めて歩くとなんとなくお土産風の物を扱う店も多く、まさに観光地といった印象。

はぐれ9
やっぱり建物が綺麗。でも凝視し続けるのはその下に連なるお店のお品


通りに面してぎっしり店が並んでいるのですが、入り口は狭くとも奥に向かって進むと小さな店が軒を連ねる場所も。
そういう奥まったお店のほうが比較的面白い物を扱っているように思え、いくつかお値段交渉などもしたり。
本当は目的とするものが決まっていればもっと集中したかもしれませんが、少し高めに見えたのとベアショー前日だったこともありここでの出費は控えめで終了いたしました。

ところでこの旅、写真あんまり撮ってないです。
目に写るものすべてが珍しい!美しい!だが持ち物も注意しなくちゃ、な初心者観光客に余裕など無いのです。
なのでなんとも臨場感希薄な旅行記ですが次回もつづきます。

おやおや?ハグレッツは?
本日はそこまで届かなかったです。済みませんっ!


にほんブログ村 ハンドメイドブログ テディベアへ にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ

たくさんの方に見ていただけるようランキングに参加しています。
もしもお気に召しましたら上記バナーのどちらかをクリックお願いします!






テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

テディベア他 | 01:49:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
ドールワールドフェスティバル2015に行ってきたのでちょいレポ
テディベアコンベンションももう目の前だというのに、またもイベント見学に行ってしまいました。
なぜならこのドールワールドフェスティバル、今回より会場が、名称は同じ産業貿易センターながら浜松町から浅草に移ったのです。

出展しようと考えている12月開催のネイチャーアニマルワンダーランドも今回よりこの会場ですし、ドールの名が冠されてはいてもテディベア関係の方々も出展されている。これは視察にゆかなければ!

と、いいつつも伺ったのは開催2日目プラス安定の午後到着。
せっかくなのでいつもきちんと見ることができないドール関係を扱うお店を見たいところですが、閉場時間が早めの16時。
加えて「2日目だから人気のお品はあらかた掃けておるであろう」と手持ちも少なめ。

仕方なくドールや資材は諦め、知り合いや同業の方にご挨拶まわりという形に。
ですのですみません。出てくるのはけものばかりでございます。
それってドールワールドじゃなくない?ってのは言及しない方向でお願いいたします。



ではではミニレポまいります。
今回はシエンを連れ、あちこちおじゃまさせて頂きました。

どるふぇす1501
まばゆいライトに照らされきらめく作品たちの美しい瞳に思わず釘付け

最初は『kikidoll』さま。出展なさるのはドールイベントですがベアイベントにもいらして下さり顔見知りに。お人柄に触れますますファンに。本当に多種多様な作品を作られる方なのですが一押しは下段手前の白狐さん。そんなに大きくないのにちゃんと九尾なんですよー!すごいです~!


どるふぇす1502
アートなお顔立ちの作品たち。前々から気になっていた豆龍ちゃんがいらっしゃるー(右端の白いコ)

お隣の『おにんぎょ屋・葉』さま。この方もドールイベントにてお見かけしていたのですが、7月のベアコンベンションには出展なさるそう。なんという朗報!この日作家さまは旅立ったメンバーを補充するためブースで一生懸命追加作品の作業を進めておりました。その姿勢、見習いたい。


どるふぇす1503どるふぇす1504
「そ、その頭にのせているのは一体…」質問するも目も合わせてもらえず


今回のご紹介で唯一のお人形は『エンデ商會』さま。すばらしい狩衣をお召しのこの安倍晴明さん、けも耳とりっぱな尻尾もお持ちなのでけもの枠に。白肌に透ける血管まで表現する繊細な技術とは裏腹な、作家さまご自身はとっても楽しい方。うん、写真からもにじみ出てますよね。


どるふぇす1505
愛らしい作品たちと華やかな受賞ロゼッタの端っこにちゃっかりしっぽが

恵比寿でお世話になった『くるみの木』さまもいらっしゃいました。相も変わらず優しさ溢れる作家さま、お邪魔したシエンになんとわざわざ真ん中のお立ち台を空けて下さって…。いやいやいや、うちの奴なぞ見切れてなんぼですから。作家さまご本人がまわりを笑顔にする方だから作品も人を笑顔にする力があるのですねえ。


どるふぇす1507
馴れ馴れしく近づこうとする不審者を一蹴するゴーグルイケメ

『ATELIER OWL』さまは今回はいつもとちょっと感じの違うサーニットを組み合わせた参考作品を展示されていて、そのかっこよさに惚れ惚れ。ただでさえ大人気なのにこの進化。さらにファンが増えるのは必至。作家さま、撮影も快くむしろノリノリで協力してくださりお話も楽しかったー。



どるふぇす1512
ご挨拶しようとするも、レンジャーさんのファイティングポーズに二の足。こちらでも不審者扱いー

前々から気になっていた『zukke 100% Love』さまのところにようやくお邪魔できました。ベアなんだけどスックと立つその姿やすてきなお洋服を着こなすお人形寄りのプロポーション。その個性的な作品を近くで拝見するとさらに見えてくる創意工夫におおっとなります。もおお完成度高すぎな方が多すぎですよー。


どるふぇす1510どるふぇす1511
左:爽やかに笑顔を向けてくれたピエロベアくん 右:小さくともいつものヴィンテージ感、タイトル受賞ベア

7月のコンベンションでお隣になる『Baby Talk Bears』さん。国内外で次々にベアが旅立つので恵比寿で拝見したときよりずいぶんブースが広々とした印象に。制作しつつたくさんのイベントをこなすバイタリティに感服です。海外タイトルはトロフィーも盾もなんだかかっこいいなあ。
この作家さまの作品は一様に品としゃれた雰囲気と重みがあって、すばらしくてそしてうらやましいですー。


さて、このような魅力ダダ漏れの作品軍と作家さまたちに夢中になって帰宅したらものすごーく足がだるい。もう痛いくらいだるいのに会場ではわからなかったって、ドーパミン怖い。


では最後にもうワンショット。
どるふぇす1514

「天使とドラゴンのミックスを見つけましたのでうちでお世話しましょう」とシエンが言うので、豆龍さんが我が家の一員になりましたとさ。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ テディベアへにほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ

たくさんの方に見ていただけるよう、ランキングに参加しています。
もしもお気に召しましたら上記バナーのどちらかをクリックお願いいたします!


テーマ:ハンドメイド雑貨*イベント* - ジャンル:趣味・実用

テディベア他 | 04:48:26 | トラックバック(0) | コメント(2)
今頃遅いよ!恵比寿ベアフェス2015プチレポート
前回恵比寿ベアフェス終了の感謝の意を述べてから、こんなに時間がたってしまいました。
すぐに、間髪入れずに、他作家様のご紹介をするはずだったのにい。
ちょいと邪魔が入ってもうがっくりだよ。もう腹据えて駆逐しないとどうしようもないなこりゃ。

そんなこんなは置いておいて、心和む世界へと参りましょう。

ありがたいことに最近はお客様との触れ合いを堪能していると時間が過ぎてしまうこともあって他作家さまの作品を拝む機会が減ってしまっているのですが、ワタクシとて一ベアファン。
ほんの少数ですが、その魅力に思わずカツモクした作家さまをご紹介したく。
あ、当ブログの写真は失礼なほどもう全然ダメダメなので、ぜひぜひそれぞれの作家さまのサイトをご覧になって下さいね。


まずは今回お隣だった『くるみの木』さま。
えびたさか1 えびたさか2
すみません安定の逆光で。実物は写真よりもおおずっとずーっと可愛いのです


事前にお尋ねするのを忘れてしまったのでリンクは張れませんが、皆さま充分ご承知の方ですよね?
お隣といってもブース正面が直角に配置されていたので、くるみの木さまへぐいぐい吸い寄せられるお客様の動きが一目瞭然。

「きゃあ!かっわいい~~!」と誰も彼もが満面の笑みで遠方からブースへ直進!
お手に取ればふわふわ手触りと見上げるうるうる瞳に更にメロメロです。

相も変わらず70%ガン無視、残り30%も皆さん遠巻き、お近くへと促す懇願のお声がけから会話して頂けるのは5%に満たない我がブースとは真逆の、見よこれぞ正真正銘本当のベアフェスのありかた!

皆を笑顔に。イベントの場をお借りする者としてそうしたいけれどとても難しい事。
それを成し得ているのがすごいしすばらしいです。

なんでこんなにかわいいのか、作品を見せて頂きまず感動したのがおでこの毛流れ。なんというアルパカ使い!
そして縫い目の見えない広めのおでこの下に絶妙配置の黒目と、目を引く割にけして大き過ぎないぷっくりほっぺ。
お子さんも手に取りやすい身体の小ささもきっちり愛されバランスなのですねえ。

作家さまご本人も爽やかな明るさと癒しの優しさを兼ね備えたステキな方でしたよー。



ご近所さまをもうお一方。あみぐるみ作品中心の『ヨコミチ』さま
えびたさか3 えびたさか4
とても大きな看板作品(左)と表情豊かなパペットくん(右)

以前もその緻密でしっかりしたあみぐるみ作品を目の当たりにし、是非にとブログにご紹介いたしました。
今年お会いするとディスプレイも作品もとっても進化し洗練された印象。
今回はあみぐるみだけでなく布製の縫いぐるみも居て、その模様の生かし方や造形の自由さに感嘆。

作品から発せられる無限の可能性から鑑みるに当然なのかもしれませんが、いろいろなジャンルからのお誘いがあるようでなるほどーと思いました。

とてもシャイでとてもお優しい作家さまのお人柄が、きっとこれからもたくさんの道を広げてゆくんだろうな。
羨ましいなあー。才能と人徳、どっちかでよいから分けて欲しいです。



お次はその美しさに足を止めずにはいられない『Marone Bear』さまです
えびたさか5 
ダメダメ写真でもこんなに綺麗。ブースが一枚の絵画に昇華していますよ!

今回のブースのシミュレーションをブログを拝見して是非にも実物をおがませて頂こうと思い突撃!
実際に見せて頂くと、たくさんの色であふれているのにカラフルというよりどちらかというと落ち着いて大人びたニュアンス。
例えばかご盛りの小物ひとつとっても、細かい絵が施された趣味の良いものが使われていているのです。

なにより作品たちが並べると虹色グラデーションになっているなんて!
ブース全体をひとつのものとしてデザインするその圧倒的センス。ウインドウディスプレイのプロのよう。
いやはや、すごい方がおられるのですねえ。ずーっと見ていたかったですよー。

こんな作品とブースを作り上げる作家さまもまた、立ち居振る舞いも口調すら美しい方。
ブースを引き立てるためかご自身は黒をお召しになっていらしたのが印象的でした。
次回はどのような世界を見せて頂けるのか、目が離せないー!



そして見に行くのを楽しみにしていたもう一箇所『Baby Talk Bears』さま
えびたさか6 
全く魅力の伝わらないロングショット。サイトにお出かけして本物をご確認あれ!


ドールワールドリミテッドに出展なさっているのをお見かけしてファンに。
テディベアにヴィンテージ加工を施している作家さまは多くいらっしゃるのですが、ここのベアはその佇まいがまんまヴィンテージ。
大きさもお顔立ちも体形も違う一体一体がそれぞれ本当のヴィンテージベアのようなんです。

確かに素材や身に着けている飾りに古い物が使われてはいますが、それだけでこういった雰囲気が出るわけじゃないですよね。
その上、これだけ作品が多種多様ってそれだけですごいのにそれぞれの個性と存在感がっ…すてきなんですよー。
所持金は材料に全て吸い取られた後という作家あるあるのおかげでお迎えできなかったあのくまさんは、きっとどなたかのトコロに行ってしまったんだろうなあ。

恵比寿のあとは海外イベントにご参加の予定だそう。
きっとガンガン知名度が上がってしまうのでしょうね。
どんな場所でも自然体な様子のとても仲の良い作家さまご夫妻、憧れですー。


さて『勝手にリスペクト!こんなステキ作家さま発見』の回、いかがだったでしょうか。
自分としてはたくさんの作家さまを知れば知るほど自分のまだまだ加減が露呈してうわああとなります。

それでも自分は自分のできる範囲でがんばるしかないからなあ。
この刺激をなんとか原動力に変換してゆきたいものです。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ テディベアへにほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ
ランキングに参加しています。もしもお気に召しましたらクリックお願いします!



テーマ:ハンドメイド雑貨*イベント* - ジャンル:趣味・実用

テディベア他 | 02:04:57 | トラックバック(0) | コメント(7)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。